需要が高まる中国語!!中国語翻訳を必要としている企業や会社が増加している!!

中国語翻訳は、中国の急激な経済成長を機に大きく需要が高まっています。ここでは、中国語の必要性、中国語翻訳の活用シーン、翻訳会社を選ぶポイントについてお届けします。

現代の中国語の必要性について

英語翻訳,中国語翻訳

成長し続ける中国経済の影響

現代の中国語の需要ですが、中国経済の成長について把握しておく事が大切です。中国経済は今大きく急成長しており、成長するに伴って中国の国際的影響力が強くなってきています。その影響を受けて、公用語である中国語の需要も大きく高まっているのが現代です。
最近の中国経済成長率ですが、2018年は6.5%、2019年は6.2%と予測されており、今後も経済は成長し続けて行く事が予測されています。この中国経済が今後一層成長していくと言う事は、今後ビジネスで成功していく上でも中国語は必須と言えます。

中国語の人口数は世界一

中国経済の急成長によって、中国語の需要は大きく高まっていますが、それとは別に中国語の人口数が世界一である点からも、中国語の必要性は高いと言えます。文部科学省の調べでは、中国語を母語とする人口は世界トップで、東南アジアや台湾等においても中国語話者は多く、約11億人の中国語話者がいます。次いで2位の英語話者人口は約5億人なので、2倍以上の話者人口がいる事が分かります。

現地でビジネスするなら中国語は必須

現在の日本では、国内企業の海外進出が盛んに行われており、中国でビジネスが行われる機会も増えてきています。中国でビジネスをするのであれば、現地の母語である中国語は確実に必須です。言語はコミュニケーションを取る上では必須な事はもちろん、その土地の言語や文化に対して尊敬と理解を示す姿勢でもあるのです。

中国語翻訳の活用シーンについて

英語翻訳,中国語翻訳

様々なシーンで必要となる中国語翻訳

今の時代と言うのは、海外商品が日本に輸入してきたり、日本商品を海外に輸出して発信したりする機会が多くなっています。また、様々な各国の知識や技術を自国に取り入れる事ができて、さらなる発展をしていますよね。こうした海外との強い繋がりは、翻訳の重要性に関しても非常に高まっている要素になります。
例えば、医療機関において中国の医療技術を日本に取り入れる場合、その際には翻訳は必要不可欠です。また、海外のものを日本に取り入れると言う事は、貿易会社が存在しています。そのような会社では、海外の会社と契約を交わす事によって業務遂行していますが、その際には契約書が必要となります。当たり前ですが、契約書に関しても翻訳は必要です。このような事から、幅広いシーンにおいて翻訳の役割は大きなものになっています。

中国語翻訳の需要が高まっている理由

翻訳と言うと英語のイメージを強く持つ人もいますが、韓国語や中国語をはじめ世界各国の言語に翻訳する必要がある場合もあります。その中でも中国語への翻訳は特に需要が高まっています。なぜ中国語なのかと言うと、中国は世界の工場と言われている程、世界各国の企業の製造を担っている国だからです。もちろん日本企業も、中国で製造を中国で行うことが多くなっています。しかし、作業工程の説明を日本語で伝えても、中国人労働者に伝わる事はないので、製造における業務内容を中国語に翻訳しなくてはいけません。このような理由から、中国語の翻訳需要は昨今高まってきています。

今後も中国語翻訳がなくなることはない

中国語翻訳の需要が高まり続けている理由は、中国の経済的発展で国際的地位が高まっている事が挙げられます。中国の国際的地位が高まったと言う事は、中国との貿易を各国が盛んに行う事になります。もちろん日本企業も同様で、日本においては特に中国語翻訳が重要です。世界的に見れば英語が最も普及しているように感じ、どの国も英語は通じると思いますよね。しかし、中国では英語を話せる人は限られた人で、殆どは中国語しか理解する事ができません。また、中国と取引しても中国語しか理解できない中国人が多いのです。なので、中国語翻訳は重要視されており、今後も翻訳がなくなる事はないのです。

日本の強みは品質確保した翻訳

日本では中国語翻訳は様々な分野で活躍しています。翻訳においては、言語力はもちろん必要ですが、翻訳する際のその分野に関する専門知識も必要となるので、翻訳と言うのは専門職に近い位置付けとも言えます。世界に翻訳会社は沢山ありますが、翻訳はただ意味が伝われば良いと言う問題ではなく、専門知識をもって正確に翻訳していかなくてはいけません。なので、正確さに欠けてしまうと、後々トラブルの原因にもなり兼ねません。
例えば、日本の商品を中国へ発信する際に、翻訳を相手任せにしてしまった場合、正確に翻訳が行われていない可能性もあります。そうなってしまうと、折角の中国人ユーザーに向けて日本の商品を正確に使用してもらえないトラブルに繋がる事もあります。日本の翻訳会社と言うのは、翻訳に何重ものチェック体制が敷かれている等、翻訳の品質向上に対する取り組みは素晴らしいものがあります。なので、仕事のシーンで中国語翻訳が必要な際も、安心して翻訳を託す事ができ、しっかり品質確保された翻訳で伝える事ができます。

中国語翻訳で需要が多い分野

最近の中国語翻訳で需要が多い分野は、車産業等の工業分野での翻訳です。企画書、契約書、社員・従業員教育資料、工場設立や運営に関わる書類等、これらの中国語翻訳を行う機会が多くなっています。中国は生産拠点としても魅力的な事はもちろん、昨今は新たなビッグマーケット市場として大きな注目も浴びています。なので、消費者向けに展開する事業に関する翻訳案件も増加してきています。

翻訳会社を選ぶポイントについて

英語翻訳,中国語翻訳

原稿のクオリティを重視する

中国語翻訳では、元原稿の意味はそのままで、誤字脱字や文法間違いが無い、クオリティの高い翻訳記事に仕上げて納品してもらう事ができます。しかし、ハイクオリティーになる分、翻訳料金は割高にはなります。また、翻訳のクオリティを高いものにする為に、原稿の翻訳作業を複数人で校正している場合もあります。一度、原稿が納品された後に修正依頼する場合もあるので、翻訳納期に余裕を持って専門業者に依頼するのがポイントです。

翻訳原稿の納品スピードを重視する

翻訳依頼をした原稿文字数にもよりますが、大体原稿2000文字であれば約1日~3日程度で翻訳原稿されたものを納品してもらう事ができます。こうした納品スピードを重視する翻訳プランでは、校正が入らなかったり、無資格者による校正が行われていたりする場合もあります。なので、原稿のオリティにこだわる場合には、他のプランで依頼する方が安心です。

特定地域に特化した中国語翻訳を重視する

中国語にも住んでいる地域にとって、中国語に方言があります。翻訳依頼する際に、特定地域に特化した中国語翻訳を希望する場合には、その地域の方言についての深い理解や知識がある人に翻訳してもらう必要があります。



まとめ

中国の経済発展と共に現代では中国語翻訳は非常に需要が大きくなっている事がおわかり頂けたのではないでしょうか。ビジネスシーンでは、実に多岐に渡って様々な書類や資料等の中国語翻訳が必要な時代です。また、公文書等も今は中国語翻訳のニーズは増加しています。翻訳が必要な人は翻訳会社を利用して有効的にサービスを活用してみて下さいね。